Activities活動記録

政策提案を提出しました

令和5年7月8日に、三鷹市市民参加でまちづくり協議会~Machikoe(マチコエ)~第4回全体会(最終報告会)を開催しました。

第4回全体会(最終報告会)では、未来のまちづくりに向けた政策提案の概要を各グループから発表し、市に政策提案を提出しました。
政策提案は、さまざまな手法でまちの声を聴き、集めたまちの声を基に議論を重ねて、約2年間の活動の集大成として各グループで作成したものです。

市民の皆さんやマチコエメンバーの思いの詰まった政策提案をぜひご覧ください。

政策提案(本編)

 

画像をクリックしてPDFを表示

 

 

 

 

 

 

 

政策提案(資料編)

資料編①快適なまちづくり部会
資料編②活力のあるまちづくり部会
資料編③安全なまちづくり部会/安心なまちづくり部会

 

画像をクリックしてPDFを表示

 

 

 

 

 

 

 

資料編④子どもが輝くまちづくり部会
資料編⑤心ゆたかなまちづくり部会/ふれあいのまちづくり部会
資料編⑥市民参加でまちづくり協議会共通

 

画像をクリックしてPDFを表示

 

 

 

 

 

 

一次提案 本編・資料編

3月に実施した第3回全体会(中間報告会)で市に提出した一次提案の本編・資料編はこちらからご覧いただけます。

 

部会長からのコメント~政策提案の提出にあたって~

快適なまちづくり部会部会長より

快適なまちづくり部会では、「交通・道路」「公園・施設」「住宅・景観」「環境・公害・緑化・エコ」の4グループで、各々、2年間活動してきました。今回の最終提案で各グループの検討内容とアンケートやワークショップなどで得た貴重なまちの声から、政策提案をさせて頂きました。
それらが「第5次三鷹市基本計画」にどの様に反映されるか、是非、市民の皆さんにも注目していただきたいです!

 

活力のあるまちづくり部会部会長より

この活動が初めての市民活動であるメンバーも多くいることから一筋縄ではいかないことも多くありましたが、リーダー、サブリーダーを筆頭に声を聴かせていただいた市民の皆さんの支えもあり、無事、政策提案の提出を終えることができました。活力のあるまちづくり部会4つのグループがそれぞれ個性ある魅力的なアイデアを提案できたと思っています。

 

安全なまちづくり部会部会長より

安全なまちづくり部会の一番のポイントは非日常性です。万が一の出来事に如何に日常から備えるか。市民が他人任せにせず参加意識をもち、地域や様々な活動のつながりで、サポートしあえる三鷹市を探求してきました。
防災・減災グループは現状や新しい技術、先端の試みを輪読形式で勉強し、防犯・消費者保護グループは、関連諸団体の活動を勉強させていただきました。
さらに、市民の声を組み入れ、三鷹の未来にふさわしい政策提案へとまとめることができたと思います。

 

安心なまちづくり部会部会長より

障がい者福祉・高齢者福祉グループでは「生まれてから生涯を通じ、互いに支え合える 三鷹をつくる」、健康・医療・ヘルスケアグループでは「三鷹に関わるすべての人が健幸になれるまちの実現」をテーマに活動してきました。両グループとも共通して、三鷹で生きて活動しているすべての人が、日々の暮らしや活動に必要不可欠な心と体の安心、生活と社会の安心、自身が主体者であるための行動を提案させて頂きました。是非、政策提案をご覧いただきたいです!

 

子どもが輝くまちづくり部会部会長より

部会の中で4つのグループに分かれるとき、提案内容が重なるところが出ないのかなという不安はありました。今は、4つのグループがそれぞれの目線で4つの色を描きだして、それがひとつになっているのかなという感慨があります。
都会で子育てをすることの並々ならない大変さ、そして今の子どもたちの心の居場所のなさに、すこしでも心を向けてくれる人々が増えることで、20年後の三鷹はきっと変わることができる、そんな思いを強くしています。

 

心ゆたかなまちづくり部会部会長より

我々、心ゆたかなまちづくり部会では生涯学習・スポーツ・芸術・文化歴史の観点から三鷹がもっと好きになれるような政策提案を考えました。
コロナ禍で不要不急と言われて色んなイベントが中止になった各分野。そんな制限をされたからこそ、必要性や大切さを身に染みたメンバーたちが立ち上がり、三鷹市民の心をゆたかにするために色んな提案を考えました。
そして、「三鷹をもっと好きになってもらう」をモットーに三鷹らしさを各分野に取り入れ、市民の声を反映させ三鷹ならではを追い求めた政策提案を完成させました。是非、各グループの政策提案を読んでいただけると幸いです。

ふれあいのまちづくり部会部会長より

ひょんなことからマチコエ参加を決めた当初、部会長になるとは夢にも思いませんでしたが、これもご縁と引き受けて早2年。
今まで味わってこなかった地域でのふれあい、とても楽しい時間でした。部会長という立場にふさわしい活動ができていたろうかと自省しつつも、グループリーダー始めメンバーの皆さん、そして事務局の方々のおかげでここまで来れました。マチコエはまだまだ続きますが、まずは一段落。政策提案のために、まちの声を聴かせてくださった皆さん、関わってくださった皆さんありがとうございました!